健康

あなたが体重を減らせない不思議な理由

体重を減らすために、「正しい食事とワークアウト」というシンプルなマントラがうまく機能しないことがあります。そのような場合は、もっと深く掘り下げて他の原因を探ってみる価値があります。私たちの体重は、ホルモン、活動レベル、食事内容によって注意深く調節されています。したがって、代謝には特に注意を払う必要があります。

もともと太りやすい体質の人もいます。そのような人は、標準的な食事と運動のプランだけでは不十分です。ここでは、運動や食事以外の理由で、体重がなかなか減らない5つの理由を説明します。

甲状腺の機能不全

体重増加や肥満の問題で医者にかかると、真っ先に調べられるのがこの原因です。甲状腺機能低下症は、代謝を著しく低下させ、太る原因になります。体重増加を抑えるには、正しい診断と投薬によって甲状腺機能低下症をコントロールするしかありません。

多嚢胞性卵巣症候群

PCOSは多くの女性にとって恐ろしい病気です。頑固な体重が増えるだけでなく、ニキビ、PMS(月経前症候群)、さらには不妊症など、数多くの副作用があるからです。この病気では、卵巣に嚢胞ができ、この余分な塊が、体が実際に必要とする以上の女性ホルモンを産生します。

治療は、薬物療法と注意深い観察によって行われます。治療を始めると、特定の有酸素運動が効果的です。

うつ病

うつ病の人は、自分がいつもより多く食べ、運動不足になり、一般的に自分の人生と切り離されていると感じていることに気づかないことがあります。このような場合、体重が急激に増加することがよくあります。外出を控えたり、不健康な食生活を送ったり、急に体重が増えたと感じたら、その人に必要な助けを求める価値があります。

うつ病の人は、気分を左右するセロトニンというホルモンが減少していることが分かっています。そのため、食事や運動など、人間の基本的な生活習慣に関わることに意欲がわかないのです。

薬物療法

不思議なことに、抗うつ剤も体重増加の原因になることがあります。実際、脳内ホルモンに作用する薬であれば、ある程度の体重増加を伴うことが分かっています。これは、規則正しい食事と運動パターンを守ることでコントロールできますが、体重増加が不快に感じるようであれば、医師と選択肢について話し合うとよいでしょう。また、医師からのアドバイスなしに薬をやめないでください。

糖尿病

最後に、明らかな理由もなく体重が増加している場合は、糖分レベルの検査を受ける価値があります。糖尿病は、特に若い人の場合、体重の増加で最もわかりやすい結論ではありませんが、私たちのライフスタイルのおかげで、より一般的になってきています。糖尿病の体重増加は、インスリンレベルの低下により、糖の調節がうまくいかないために起こることが分かっています。

その結果、より多くの血糖が脂肪として沈着してしまうのです。生活習慣を少し変えるだけで、症状を根本から治療することができます。

体重増加の原因は他にもあります。激しい運動を急にやめたり、妊娠中や重い病気の治療中に食べる量が増えたり、どんなにヘルシーに見えても業務用キッチンで調理された食事に頼ることが多くなったりすることなどが挙げられます。体重が増加している原因を特定する前に、これらの原因についてよく考えてみてください。