ビューティー

これらの食品が、あなたのホルモンや肌を破壊していることをご存知でしょうか?

女性であることはとても難しいことです。特に思春期を迎えた10代の女の子は、多くのホルモンバランスの乱れやニキビの吹き出物に対処しなければならないのです。そして、機能する大人の女性として、あなたはそれらの問題をすべて置き去りにすることを期待します。しかし、必ずしもそうとは限りません。多くの成人女性が、ホルモンバランスの乱れから、生理不順や生理異常、嚢胞性ニキビ、さらには多嚢胞性卵巣症候群に悩まされています。そして、ホルモン性のニキビは、たまにできるニキビとは違います。取り除くのに苦労するものなのです。抗生物質、レチンA、過酸化ベンゾイルなど、市販されている解決策は、問題を取り除くと主張するが、しばしば悪化させてしまう。また、たとえニキビが治ったとしても、またニキビに悩まされるのは時間の問題です。

ホルモンは肌にどう影響するのか?

ほとんどの場合、ニキビを取り除くために外用薬を使用するだけでは不十分です。毛穴の詰まりや皮膚上のバクテリアの代わりに、体内のバランスの崩れが原因である可能性があります。ホルモン性のニキビは、ほとんどが内分泌のアンバランスによって引き起こされ、一般的に女性は生理が始まる前の中間期頃に発症します。この時期は、エストロゲンとテストステロンのレベルがかなり高くなるからです。内分泌系が正常に機能している女性は、通常このような問題に直面する必要はありませんが、ホルモンが正しく処理できない女性は直面します。そのような女性は、特に食べ物や生活習慣の選択を誤ると、体内の解毒に問題が生じます。これは、食べたものややったことが、排泄器官が効率よく機能する能力に影響を与えるからです。生理前は血液の循環が良くなるため、血液が皮膚の表面に近づくため、これらの影響は最も大きくなります。

肌の状態を改善するためにすべきことは?

肌のケアで最も重要なことは、体内の毒素や老廃物を効果的に排出することです。皮膚は、肝臓、大腸、リンパ系と連携して、排泄を司る最大の器官です。食べるものが肌の状態を左右することを理解することで、なぜ外用軟膏が実際に効かないのかを知ることができるのです。食べたものや肌に使ったものを効率よく体外に排出してこそ、透明感のある美肌が期待できるのです。次のような食品を減らすか避けることで、あなたの肌に大きな恩恵を与えることができます:

乳製品:乳製品と乳製品は、ホルモンバランスに影響を与える可能性のある合成物質を含んでいます。また、リーキーガット症候群の原因となる炎症性食品でもあります。

大豆: 大豆は、ニキビの原因となる植物性エストロゲンを含んでいるため、ホルモンバランスに敏感な方には非常に有害です。大豆はサプリメントにも含まれていることがあるので、購入する前にラベルをよく読む必要があります。

グルテン グルテンもまた、ニキビやリーキーガット症候群を引き起こす可能性のある、炎症促進食品です。

カフェイン: カフェインは、朝起きたときのエネルギー補給に役立ちますが、同時に亜鉛、ビタミンB群、マグネシウムを体から奪ってしまい、免疫反応に悪影響を及ぼします。

ひまわり油、キャノーラ油、サフラワー油、植物性油: オメガ6脂肪酸が多く含まれており、皮膚の炎症を引き起こすことが知られています。オリーブオイルやココナッツオイルは、肌に負担をかけないのでおすすめです。

美肌のために何を食べるべき?

ニキビを治すためには、栄養豊富な野菜や果物をたくさん摂るようにしましょう。特に、水分を多く含む野菜や果物は、体を潤し、毒素を排出するのに役立つので、積極的に摂取しましょう。また、プロバイオティクスも積極的に摂取してください。