健康

ビタミンE欠乏症の兆候と症状

ビタミンEは、免疫機能を高めたり、毒素にさらされることで起こる日々のダメージと戦ったりと、健康において様々な役割を担っている抗酸化ビタミンなので、ビタミンE欠乏症は様々な形で現れることが分かっています。90%以上の人がビタミンEの推奨摂取量を満たしていないと言われており、あなたやあなたの知り合いがこの問題を抱えていて、すでに欠乏症の症状が現れている可能性があります。

1日のビタミンE摂取量が15mg未満だと欠乏症になる可能性があります

成人であれば、毎日15mg程度のビタミンEを何らかの形で摂取することが望ましいとされています。新米ママで授乳中の場合は、1日19mgまで必要量が増えます。ビタミンEは、ナッツ類、種子類、魚類、アワビ、そして料理に使う植物油などの食品から摂取することができます。バターナッツカボチャ、ほうれん草、アボカド、ドライアプリコット、ブロッコリー、赤ピーマンなど、果物や野菜にもビタミンEが含まれています。

では、必要なビタミンEが不足すると、体に何が起こるのでしょうか。以下に挙げるような症状が現れ始めます。時間が経つにつれて悪化することもあるので、医師に相談し、食事からの摂取量を増やし、医師からアドバイスを受けた場合はサプリメントを利用するなどして対処しましょう。

1. 感覚の喪失、脱力感、四肢の痛み

ビタミンEの欠乏は、手足や腕の神経を損傷する末梢神経障害と関係があります。この神経損傷は、末梢神経におけるビタミンEの一種であるトコフェロールの濃度不足と関連しています。ビタミンEの欠乏に関連するこの問題の主な症状は以下の通りです。

手足のしびれや痛み
患部の鋭い痛み
患部の灼熱感
協調性の喪失
バランスを崩す、平衡感覚に問題がある
特に足に顕著な筋力低下

2. 運動制御障害(AVED)

ビタミンE欠乏性運動失調症、略してAVEDは、稀な遺伝性疾患で、複数の供給源から摂取したビタミンEを体が利用することが難しくなります。この疾患は、神経学的な問題を引き起こし、自分の手足の動きを調整し、制御することが困難になります。これらの兆候は幼少期に現れ始め、5歳くらいの子供に問題や運動困難が生じます。通常、15歳までに症状が現れます。年齢が上がるにつれて、運動に関する問題はより深刻になる可能性があります。一般的に、この問題を治療するために、医師から大量のビタミンEがサプリメントの形で処方されることがあります。しかし、自己判断でビタミンEを摂取すると、ビタミンE中毒を起こし、出血多量になる可能性があるので、自己判断は禁物です。

3. 視力障害

ビタミンEが不足した運動失調症は、時に視力障害を引き起こすことがあります。具体的には、網膜色素変性症という目の病気で、視力が低下することもあります。この問題については、以下のような兆候や症状に気をつけましょう。

夜間視力が低下する、または夜間視力が失われる
側面の盲点、周辺視野の障害
トンネル視
運転、読書、顔の認識(数年、数十年単位で進行)、その他視覚に依存する細かい作業の困難さ
視力の完全喪失/法的盲目になる

さらに、ビタミンEを十分に摂取していないと、健康な目の組織の破壊を防ぐビタミンEを摂取できないことになります。このような組織の損傷は、加齢黄斑変性症(AMD)や白内障の形成と関連しています。AMDの兆候は以下の通りです。

物の形が歪む
直線が曲がって見える、または波打って見える
物をはっきりと見ることができなくなる-ただし、この低下は徐々に進行する
色覚の低下
視界の中央に何もない、または暗い空間ができる

白内障は、視界がぼやけ、読書が困難になり、まぶしさを感じるようになります。

4. 肌の乾燥と炎症

ビタミンEは肌の健康にとても良い成分ですが、不足すると肌のバリア機能が低下してしまいます。水分が失われると、肌が乾燥し、刺激を感じるようになります。さらなる研究が必要ですが、動物実験では、ビタミンEの不足が皮膚潰瘍を引き起こす可能性があることが示されています。

5. 記憶障害

ビタミンEは、認知症やアルツハイマー病などの神経変性疾患における、認知機能の低下を予防する可能性について研究されています。研究者が注目したのは、血中のビタミンE濃度が低い人に、記憶力の低下と記憶テストの成績の弱さが一貫して見られるということです。高齢者に見られる典型的な認知機能の低下とは対照的に、認知機能が正常な百寿者の研究により、ビタミンEが脳機能に良い影響を与える可能性があることが明らかになりました。これらの高齢者の血漿中には、ビタミンAと同様にα-トコフェロール(ビタミンEの一種)が高濃度で含まれていたのです。これらの抗酸化ビタミンの存在は、酸化ストレスに起因する認知機能の低下を防ぐ可能性があると研究者は示唆しています。

6. 髪の乾燥、もろさ、抜け毛の増加

ビタミンEは、頭皮の血行を促進し、内部から栄養を補給します。また、髪を白髪から守ります。さらに、日焼けによるダメージから髪のキューティクルを保護する働きもあります。この栄養素が不足すると、髪が乾燥してもろくなり、抜け毛が増える可能性もあります。

7. 感染症にかかりやすくなる

重要な抗酸化物質であるビタミンが不足すると、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなる可能性があります。体調を崩しやすくなったり、感染症にかかると治るまで時間がかかるようであれば、ビタミンEの量をチェックしてもらいましょう。

女性の場合、ビタミンE不足は流産を引き起こす可能性があります

ビタミンEの摂取が不十分な女性の妊娠には、流産という不幸な結果をもたらすことがあります。これは、胎児の体の一部を正常に発達させるためにビタミンEが重要な役割を担っているためではないかと研究者は指摘しています。深刻な欠乏症は、体に必要な脂肪酸を枯渇させ、ブドウ糖の蓄えに頼ることになるかもしれません。その結果、正常な発育に必要なエネルギーが不足することになる。その結果 流産のリスクが高まります。