健康

夜中にのどが痛い。喉の痛みの原因と対処法

喉の痛みや不快感は、誰もが一度は経験したことがあるはずです。その原因は、ウイルス感染、喫煙、そして細菌によるものが一般的です。しかし、夜間に喉が痛くなることが多い場合は、他の要因が根底にある可能性を考える必要があるかもしれません。ここでは、気をつけるべき誘因をいくつか紹介します。

アレルギー。アレルギーは、喉の痛みを引き起こす可能性があります。アレルギーや風邪は、粘液を増加させ、のどに排出させることがあります。この鼻汁がのどを刺激し、症状を悪化させることがあります。ですから、夕方や夜になると喉が痛くなる人は、もしかしたらその時間帯に何か環境に原因があり、アレルギーが起きているのかもしれません。カビやペットのフケ、花粉、ホコリなど、アレルゲンとなりうるものがないかチェックしてみてください。

空気の乾燥。喉の痛みを引き起こすもうひとつの要因は、空気の乾燥です。特に冬場の暖房された室内では、空気が非常に乾燥している可能性があります。そのため、喉が痛くなることがあります。そのような環境で夜を過ごすと、夜間や朝起きたときに喉が痛くなることがあります。

口呼吸:口呼吸も、のどを乾燥させ、痛みや不快感につながることがあります。また、多くの人がそうであるように、口を開けて寝ることが多い人は、夜中や朝起きたときに、のどが痛くて目が覚めることがあります。鼻づまりや中隔偏位などの構造的な問題など、さまざまな要因で口呼吸になることがあります。

胃食道逆流症(GERD)。消化酵素や胃酸が胃から食物管、さらには喉に流れ込む消化器系の疾患で、胸やけ、喉の痛み、吐き気、咳、声のかすれなどを引き起こすことがある。横になっていると胃酸が食管に入りやすいので、この症状があると、夜や朝起きた時に喉が痛くなることがあります。

さて、喉の痛みの原因について考えたところで、それを抑えるのに役立つ簡単な自然療法を見てみましょう。

ターメリックミルクか紅茶を飲む

インド料理によく使われる黄色いスパイス、ターメリックには、アレルギーに対処する働きがあります。これは、このスパイスに含まれるクルクミンという抗酸化物質と抗炎症物質が、ヒスタミンの放出を抑制することができるからです。ヒスタミンは、アレルギー反応の際に体内で放出される化学物質で、反応の特徴的な症状を引き起こす役割を担っています。伝統的に、ターメリックは鼻づまりや風邪を改善するためにも使われてきました。

ターメリックパウダーをお湯で蒸して、ターメリックティーを自分で作ってみましょう。また、グラス1杯の牛乳に小さじ1杯のターメリックパウダーを加え、沸騰させればターメリックミルクができあがります。どちらも就寝の30分前までなら大丈夫です。また、これらのレメディーで1日を始めることもできます。毎日の料理にもスパイスを加えて、免疫力を高めてください。

べにふうき緑茶を飲む

アレルギーに対処するためのもう一つの簡単な治療法は、緑茶です。ある研究では、べにふうきという緑茶に含まれるO-メチル化カテキンが、強力な抗アレルギー作用を示すことが明らかになりました。このカテキンは、ヒスタミンの放出を抑制し、アレルギー反応の症状を緩和することができたのです。カップ1杯のお湯に小さじ1杯のべにふうき茶を数分間浸して、さわやかなお茶を作りましょう。就寝の2時間前までに飲むと、睡眠の妨げになりません。

プロバイオティクスを摂取する

プロバイオティクスは善玉菌で、消化を良くしたり、免疫機能を強化したりと多くの利点があります。また、アレルギーに対処するのにも役立ちます。ある種のプロバイオティクス細菌は、免疫システムの一部であり、アレルギー反応を引き起こす役割を持つサイトカインとして知られるタンパク質を阻害することが研究で明らかにされている。ある研究では、プロバイオティクスのラクトバチルスGGとラクトバチルス・ガセリTMC0356を含む発酵乳を9週間摂取すると、スギ花粉に対する季節性アレルギーに苦しむ人々の症状が著しく改善することが観察されています。

プロバイオティクス細菌は、ヨーグルトなどの一部の発酵食品に自然に含まれており、サプリメントとして入手することもできます。しかし、すべてのプロバイオティクス食品に同じ菌種が含まれているわけではありません。そのため、摂取する前にラベルを確認し、アレルギーに有効な菌株が含まれているかどうかを確認してください。

鼻腔洗浄を試す

塩水で鼻の中を洗うと、鼻づまりを解消することができます。生理食塩水はドラッグストアで購入できます。240mlの滅菌水に小さじ半分の食塩水と重曹を混ぜれば、家庭でも簡単に作れます。ネティポットや電球型注射器にこの溶液を入れ、洗面台にもたれながら鼻の穴に流し込みます。

アレルゲンを避ける

ウコン茶、プロバイオティクス、緑茶などの治療法は、アレルギー反応に対処するのに役立ちますが、反応を避ける最も簡単な方法は、反応を引き起こしているものに接触しないようにすることです。夜中にアレルギーを引き起こす可能性のあるものを避けるために、以下の対策をとってください。

花粉の飛散量が多い場合は、窓を閉め、室内にとどまる。

カーペットや布地はホコリを巻き込みやすいので、木製やビニール製は避ける。そのため、ホコリにアレルギーのある方は、木製、ビニール製、革製の家具が適しているかもしれません。

枕カバーや寝具は防ダニ加工されたものを使用し、週に一度は必ずお湯(54.4℃~60℃)で洗濯しましょう。

カーペット、壁紙、本、布地などは、湿気があるとカビが生えることがあります。浴室など湿気の多い場所では換気扇で湿度を下げ、空気中のカビを除去するために高効率微粒子空気(HEPA)フィルターを使いましょう。

ガムを噛んで胃食道逆流症に対処する

ガムを噛むと、胃食道逆流症が緩和されます。どのような効果があるのでしょうか。噛むことで唾液の分泌が促進され、唾液が胃酸を中和して喉への刺激を防いでくれるのです。ですから、夕食後(あるいはどんな食事でも)30分ほどガムを噛んで、酸の逆流に対処してください。虫歯にならないように、無糖のガムを使いましょう。

夜間、頭と胸を高くしておく

直立した姿勢でいると、重力によって胃酸が抑えられ、酸の逆流を防ぐことができます。しかし、夜間、横になると、胃酸が食物管を通って喉まで流れ込むのを促します。寝るときは頭と胸を腰より高くして、重力を逆手に取らないようにしましょう。ベッドやマットレスの下に何かを置いて、片方の端を10~20cmほど高くするとよいでしょう。また、上半身を起こすのに役立つフォームウェッジを用意するのもよいでしょう。

就寝の3~4時間前に夕食をとる

GERDになりやすい人は、寝る3~4時間前には何も食べないようにすると、横になったときに胃酸が食道に流れ込まないようにすることができます。アルコール、コーヒー、チョコレート、脂肪分の多い食べ物なども、酸の逆流を誘発することが知られています。ですから、GERDの方はこれらを避けてください。

加湿器を使う

自宅の空気が乾燥していて喉が痛くなるなら、加湿器を使うのが一番です。加湿器は、喉や鼻の気道に炎症を起こす可能性のある乾燥した空気を追い出すことができます。ここでは、家庭用加湿器の使い方のヒントをいくつかご紹介します。

温水ミスト加湿器は、近すぎると火傷する恐れがあるので、涼しいミスト加湿器を使用しましょう。

加湿器はベッドから約2mの距離に置いてください。

湿度は30~50%に保ち、長時間運転しないように注意してください。湿度が高すぎると、カビの発生を促してしまいます。また、雑菌が繁殖しないように、毎日加湿器を掃除する必要があります。

あごひもを使う

口呼吸が習慣になっていて、のどが痛くなったり乾燥したりする場合は、あご紐を使うのが効果的かもしれません。あごひもは、夜間に口を閉じて、鼻で呼吸するように促すものです。ただし、口呼吸の原因が鼻中隔偏位や鼻ポリープなどの根本的な問題である場合は、医師の診察を受けて修正する必要があることを忘れないでください。また、鼻づまりや副鼻腔の問題がある場合、あご紐は最適な解決策ではないかもしれません。