健康

手根管症候群に取り組むための自然療法

手根管症候群のその独特のしびれ、痛み、うずき、そして弱さは、すべてあなたの手首の手根管を通過する正中神経として知られている神経にたどることができます。手首の使い過ぎ、妊娠、また関節炎、糖尿病、甲状腺疾患などの症状があると、この神経が圧迫されたり刺激されたりすることがあります。医師は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)やステロイド注射を勧めて、痛みを和らげたり、症状を緩和させることがあります。場合によっては、手根管症候群を治すために手術を勧められることもあります。しかし、手根管症候群の軽度から中等度の場合、症状を和らげ、状態を抑制するために自然にできることがたくさんあります。ここでは、あなたのオプションです。

手首のスプリントを使用する

手首のスプリットを使用すると、数週間で手根管症候群の症状を緩和するのに役立ちます。手首スプリントは、手首をまっすぐにして、神経への圧力を軽減することによって動作します。寝ている間に手が曲がってしまう可能性が高いので、夜間に使用するのがベストです。また、関節が硬くなったり、筋肉が弱くなったりするのを防ぐために、日中も正常に動かすことが大切です。日中はサポートバンドを使用することで、この習慣を補完することができます。

症状を悪化させるような行動を避ける

症状を悪化させるような活動は避けるか、少なくとも減らすようにします。振動する道具を使ったり、楽器を演奏するなど、強く握ったり、頻繁に手首を曲げたりする必要があるような活動です。

手の体操をする

特定の手の演習は、手根管症候群を持つ人々に利益をもたらすことができます。理学療法士や医師は、あなたの状態の強度に応じて、さらに動きを微調整することができます。

手首の曲げ伸ばし
手のひらを下にして腕を前に出し、手首を下向きに軽く曲げます。もう片方の手で、伸ばした手を体の方に押し戻します。この状態を15〜30秒保ち、手首をまっすぐに伸ばします。

指の曲げ伸ばし
指をまっすぐ伸ばします。次に、指の中関節を手のひら方向に曲げます。この状態を5秒間保ちます。

手首のストレッチ
豆の缶詰など軽いものを手に取り、手のひらを下にして腕を伸ばします。手首を軽く上に動かし、元の位置に戻す。

ハンドスクイーズ
ストレスボールやゴムボールを握り、その状態を5秒間キープします。

ヨガをする

古くから行われているヨガも手根管症候群の治療に役立ちます。ある研究では、上半身の関節のバランス、ストレッチ、強化に加え、リラクゼーションを目的とした週2回のヨガ介入により、握力が大幅に向上し、痛みが軽減されたことが明らかにされています。ダンダサナ、ウルドヴァハスタサナ、ガルーダサナなどのヨガのポーズやナマステムドラが特に効果的です。最初は経験豊富なヨガ行者のもとで練習し、動きを完璧にできるようにしましょう。

痛み止めに生姜を使う

手根管症候群による痛みを和らげるアーユルヴェーダの治療法をご紹介します。生姜を薄くスライスし、手首に巻きつけます。すりおろしたばかりの生姜を塗ってもよいでしょう。あとは包帯で覆い、しばらく放置します。

生姜はどのように作用するのでしょうか?研究によると、この一般的なハーブには抗炎症作用と痛みを和らげる作用があるそうです。実際、一般的に使用されている非ステロイド性抗炎症薬のイブプロフェンに匹敵する効果があるという研究結果もあります。また、生姜は局所的に作用するだけではありません。ジンジャーティーを飲むことで、体の内側から炎症と戦うことができるのです。

ターメリック湿布とターメリックミルクを飲み干す

ターメリックは、アーユルヴェーダで伝統的に関節痛の治療に使われてきたスパイスのひとつです。ターメリックの湿布を患部に貼り、しばらく放置しておくとよいでしょう。また、ターメリックミルクを飲むことで、体の内側から症状に対処することができます。

ターメリックミルクを作るには、カップ半分の水とカップ1/4のターメリックパウダーを濃いペースト状になるまで沸騰させます。このペーストを小さじ1/4杯、カップ1杯の牛乳に加え、弱火で2、3分煮ます。生姜と同様に、ターメリックにも抗炎症作用と鎮痛作用があり、イブプロフェンに匹敵する効果があることが分かっています。

マッサージセラピーを受ける

手根管症候群による痛みには、マッサージ療法も有効な手段です。ある研究では、手根管症候群の人がセラピストによる週1回のマッサージセッションと、毎日できるセルフマッサージを行ったところ、握力が向上しても痛みや不安感が軽減されたことが明らかになりました。

この研究で用いられたマッサージは、指先から肘までの部分を中心に、適度な圧力でなでるようにマッサージするものでした。次に、親指と人差し指で円を描くように撫でた後、その部分を絞るようにマッサージしました。最後に、その部分の皮膚を親指と人差し指で転がす。経験豊富なマッサージセラピストが、使用すべき正確なマッサージテクニックを指導してくれます。

カイロプラクティック治療を試す

カイロプラクティック治療は、健康上の問題に取り組むためにあなたの体の構造を操作することを含む。ある研究では、上半身と脊椎の骨関節と軟部組織を操作することで、指の感覚と神経伝導、機能と快適性が大幅に改善されることがわかりました。経験豊富なカイロプラクターが、個々のケースに応じた施術を提案します。

鍼灸治療

鍼治療は、気として知られている生命力のブロックまたはアンバランスが病気の原因であるという伝統的な中国の原理に基づいています。これは、ツボとして知られている体内の特定のポイントを刺激することによって改善されます。この療法が手根管症候群の患者さんに有効であることを示す研究があります。ある研究では、4週間にわたって8回の鍼治療を受けた患者は、痛み、しびれ、弱さなどの症状の改善を見た。