健康

甲状腺の働きが悪いと起こる可能性のある深刻な病気

甲状腺の病気は、世界中で何百万人もの人が抱えています。甲状腺は、その小さなサイズにもかかわらず、各器官にエネルギーを供給する役割を担っているため、非常に重要な臓器です。甲状腺は小さな蝶の形をした臓器で、アダムのリンゴの下に位置しています。甲状腺は、カロリーの消費から心臓の拍動まで、すべての臓器がうまく機能するよう担っています。

甲状腺が正常に機能しないと、体のいくつかの機能が遅くなったり速くなったりします。女性は、特に妊娠中や閉経後に甲状腺の病気になりやすいと言われています。以下は、甲状腺に起こりうる最も一般的な問題です。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺が十分な甲状腺ホルモンを生成しない、非常に一般的な病気ですが、治療可能な病気です。橋本病と呼ばれる自己免疫疾患が原因です。60歳以上の女性が甲状腺機能低下症になるリスクが最も高いと言われています。症状は長年にわたって徐々に進行し、いくつかのケースでは加齢の一部と間違われます。通常、体重増加や疲労感から始まり、薄毛、乾燥肌、寒さに弱くなるなどの症状が現れます。放置しておくと、心臓病のリスクを高める可能性があります。

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。新陳代謝が活発になるため、体重や心拍数の減少、不安感、筋力低下、首のむくみ、暑さに弱くなるなどの症状が出ることがあります。自己免疫疾患の一つであるバセドウ病が原因で起こることが多い病気です。放置しておくと、深刻な心臓病や骨粗しょう症、目の病気などを発症する可能性があります。しかし、適切な治療により、甲状腺機能亢進症はコントロールすることができます。

甲状腺炎

甲状腺炎は、甲状腺に炎症が起こる病気です。感染症の結果であったり、免疫システムに問題があったりします。最も多いのは、免疫システムが甲状腺を攻撃する橋本病と、産後1年以内に発症する産後甲状腺炎です。

甲状腺腫

甲状腺の働きが悪くなると、首が明らかに腫れることがあります。自然に治る場合もありますが、甲状腺腫は甲状腺に問題があることを示すサインであり、その原因を治療する必要があります。甲状腺腫が大きくなりすぎると、呼吸や飲み込みが困難になることがあります。

甲状腺結節

ある調査によると、成人女性の約30%に甲状腺結節があり、超音波検査で診断できることが明らかになりました。甲状腺結節は、甲状腺にできる異常な増殖です。1つまたは複数の結節があり、液体または血液で満たされている可能性があります。約10%ががん化します。女性は男性の4倍も甲状腺結節にかかりやすいと言われています。

甲状腺がん

甲状腺の組織ががん化し、甲状腺がんが発生することがあります。症状は、首のしこり、飲み込みや呼吸の困難、咳、声のかすれなどです。早期に発見できれば、うまく治療することができます。

医師は、念のため年に2回、首にしこりがないかチェックすることを勧めています。

末梢神経障害

甲状腺機能低下症を長い間治療せずにいると、末梢神経障害を起こすことがあります。これは、末梢神経系に障害があることを意味します。症状は、手足のしびれや筋肉のけいれんです。ほとんどの場合、甲状腺の基礎疾患を治療すれば治ります。

心房細動

心房細動と診断されたら、甲状腺の検査を受けましょう。16~60%のケースで、甲状腺の活動しすぎが不整脈の原因になることがあります。

甲状腺疾患の症状は曖昧で、他のいくつかの医学的問題と似ているため、血液検査をして甲状腺がうまく機能しているかどうかをチェックする必要があるでしょう。その他の検査としては、放射性ヨウ素取り込み検査、甲状腺スキャン、甲状腺超音波検査などがあります。

年齢や性別に関係なく、首にしこりがあったり、上記のような症状がある場合は、すぐに医師に確認してください。甲状腺の病気は、ほとんどが治療可能で、薬を飲めば普通の生活を送ることができます。