健康

疝痛に対処し、あなたの赤ちゃんをなだめるためのホームレメディー

毎晩のように何時間も泣き続ける赤ちゃんは、どんな親でも参ってしまうものです。でも、もしあなたが疝痛持ちの赤ちゃんに悩まされているなら、あなただけではないことを知っておいてください。赤ちゃんの40%が “コリック “であると言われています。”コリック “とは、原因が特定できないまま、甲高く激しい泣き声を上げ、その間に泣き止まなくなる病気です。専門的には、毎日3時間以上、週に3日以上、3週間以上泣き続けることがコリックの定義ですが、それ以前に医師から診断されることもあります。幸いなことに、疝痛は健康上の問題を伴わず、いずれは自然に治ります。

コリックの正確な原因は明らかではありませんが、さまざまな説が唱えられています。ある説では、赤ちゃんが音や光などの環境要因に対処できず、それに対して悪影響を及ぼしていると考えられています。その他、腹部のガスや消化不良、ミルクに含まれる糖分やタンパク質に対する過敏症、神経系の未熟さなどが考えられます。疝痛に対処する確実な方法はありませんが、ここで紹介した対策や治療法は必ず役に立ちます。ただし、赤ちゃんによって対応できる方法が異なるので、試行錯誤しながら、自分の子どもに合った方法を見つけてください。

刺激を最小限に抑え、赤ちゃんを抱っこする

過度の刺激は、泣き声を悪化させたり、泣くきっかけになったりすることがあります。ですから、赤ちゃんが特定の時間帯にぐずり始めたら、その時間帯は落ち着いた環境を作ってあげましょう。大きな音や明るい光を避け、来客を制限し、むやみに赤ちゃんに触れないようにしましょう。

赤ちゃんを抱っこするのも効果的です。布や毛布を巻くときは、足やおしりがきつくならないように気をつけましょう。また、赤ちゃんが暖まりすぎないように注意しましょう。2ヵ月未満の赤ちゃんは、落ち着いた暗い部屋で抱っこしてあげると、特に効果的です。

揺らしてみる

赤ちゃんによっては、体を動かすことによく反応する子もいます。揺らしたり、抱っこして歩かせたり、振動するシートやブランコに乗せたりしてみましょう。車に乗るのが好きな赤ちゃんもいますし、ベビーカーに乗せてお散歩に行くのもいいでしょう。

音でなだめる

ホワイトノイズもまた、赤ちゃんを落ち着かせることができるかもしれない常備薬です。ホワイトノイズマシンもありますが、衣類乾燥機、扇風機、掃除機などの音も効果的です。赤ちゃんを抱っこしたり揺らしたりしながら、「シュッシュッ」「フーッ」という音を出すと、動きと音の組み合わせが楽しめます。赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしたまま、掃除機をかけることもできますよ。ホワイトノイズは、赤ちゃんが子宮の中で聞いていた一定の音を連想させるため、心を落ち着かせると考えられています。

毎日、赤ちゃんにマッサージをする

1日1回のマッサージが効果的かもしれません。ある研究では、4週間にわたり、マッサージが赤ちゃんの泣き声と泣き止まない泣き声の両方に大きな影響を与えることがわかりました。この研究では、赤ちゃんに毎日2回、20~30分の全身マッサージと、1回15分程度の腹部のマッサージを行いました。試してみるときの注意点は以下の通りです。

1日に1~2回、赤ちゃんが落ち着いていて幸せそうなときに、全身マッサージをしてあげましょう。オリーブオイルを使って、頭や手足など全身をやさしくなでてあげましょう。赤ちゃんがアレルギー体質でないことをパッチテストで確認した上で、ゴマ油やココナッツオイルを試してみるのもよいでしょう。

マッサージの時間を決めるときは、赤ちゃんの言うとおりにしましょう。2~5分程度しか我慢できない赤ちゃんもいれば、もっと長いマッサージが好きな赤ちゃんもいるかもしれません。また、赤ちゃんがお腹を空かせているときや満腹のときには、マッサージをしないようにしましょう。

部屋が暖かく快適であることを確認してください。

お腹をさするのも、特に子どもがコリッコリしているときには有効です。ベッドやタオル、膝の上に赤ちゃんを仰向けに寝かせ、手のひらを腹部の時計回りにリズミカルな円を描くようにやさしく動かします。このとき、軽く押す程度にしましょう。

おしゃぶりを使ってみる

生後3ヶ月未満の赤ちゃんは、神経が十分に発達していないため、自分で自分を落ち着かせることができません。おしゃぶりは、赤ちゃんのストレスを和らげ、落ち着かせるのに役立ちます。そこで、赤ちゃんにおしゃぶりを与えてみてください。ただし、母乳育児が確立されるまでは、おしゃぶりを使わせないようにしましょう。おしゃぶりと母乳育児では吸う動作が異なるため、赤ちゃんが混乱し、哺乳が困難になる可能性があるからです。

赤ちゃんに十分な母乳をあげること

母乳で育てている場合、赤ちゃんが片方のおっぱいを飲み終えたら、次のおっぱいを与えるようにしましょう。最初に出てくる母乳(フォアミルク)はカロリーも脂肪分も低いのです。最初のおっぱいを飲み干す前におっぱいを替えてしまい、赤ちゃんが豊かな後乳を十分に得られないと、低脂肪のミルクを大量に摂取してしまい、胃から大腸にどんどん流れていってしまうかもしれません。また、乳糖を分解するラクターゼ酵素が不足し、ガスや疝痛を起こすこともあります。

プロバイオティクスを摂取する

プロバイオティクスや善玉菌は、疝痛を緩和するのに役立つかもしれません。ある研究では、疝痛持ちの赤ちゃんにラクトバチルス・ロイテリというプロバイオティクス細菌を与えると症状が改善され、泣き声がかなり小さくなったという結果が出ています。プロバイオティクスは、腸内に存在する微生物の組成を変化させ、消化器系の健康を改善することができます。プロバイオティクスのサプリメントや、プロバイオティクスを含む粉ミルクも販売されていますが、使用する前に医師に確認する必要があります。

カモミール、フェンネル、レモンバームなどのハーブレメディを試す

ある研究では、フェンネル、カモミール、レモンバームを組み合わせたものを、1日2回、1週間にわたってコリックの赤ちゃんに与えた場合の影響を調べています。この療法は、調査した赤ちゃんの85%で泣く時間を減らすのに効果的だったそうです。ここで注目すべきは、ここに含まれる3つのハーブが、腸の不快感を和らげる効果があることでよく知られていることです。この研究では標準的なエキスを使用しましたが、これらの材料で弱いお茶を作り、1日3回までティースプーン2~3杯を与えることができます。また、これらのハーブは、疝痛を緩和するために希釈したお茶として個別に摂取することもできます。ただし、赤ちゃんにハーブ療法を与える前に、必ず医師に相談してください。

腹痛止めも、古くからある赤ちゃんの疝痛の治療法です。しかし、効果があるかどうかの研究は決定的ではなく、効果がなく、嘔吐や便秘などの問題を引き起こす可能性があるとする研究結果もあります。元々は砂糖、水、炭酸水素ナトリウム、アルコールで作られていましたが、現在ではほとんどの市販品でアルコールは添加されていません。シナモン、カルダモン、ディル、カモミール、クローブ、リコリス、フェンネル、レモンバーム、ジンジャーなど、さまざまな有益なハーブが含まれている場合もあります。腹痛止めを使う場合は、事前に医師に相談し、アルコールと砂糖が含まれていないものを選びましょう。

ガスの予防と緩和のための対策をとる

腸内ガスは疝痛の原因となることがあるので、これを予防する健康的な習慣が疝痛を改善する可能性があります。いくつかのヒントをご紹介しましょう。

仰向けに寝かせると、ガスがたまりやすくなります。赤ちゃんを少し「おなかの時間」にしてあげたり、上向きに抱っこしてあげたりすると、不快感が和らぐかもしれません。ただし、乳幼児突然死症候群のリスクを下げるために、赤ちゃんは常に仰向けで寝るようにしましょう。

12ヵ月未満の赤ちゃんは牛乳を、4ヵ月未満の赤ちゃんは穀物を消化するのが難しい場合があります。ですから、月齢的にまだ準備ができていない赤ちゃんに、これらの食品を与えないように注意してください。

ジュースはガスを発生させる可能性があります。ジュースを与えるのは、少なくとも12ヵ月以降にしましょう。

授乳中だけでなく、授乳後にも必ずゲップをさせてください。

母親の食事をチェックし、調整する

母乳育児をしているお母さんは、食事に含まれる特定の食品が疝痛を引き起こすように見えることに気づくことがあります。食べ物によっては、母乳を通して、赤ちゃんの消化器系の問題やガスにつながることがあるようです。この点については、さらなる研究が必要ですが、疝痛に関連する食品には次のようなものがあります。

タマネギ、ニンニク、ブロッコリー、豆類、カブ
ルバーブ、メロン、プルーン、アプリコット、モモ
カフェイン
牛乳

授乳後に赤ちゃんがぐずったときは、食べたものを記録して、特定の食べ物が原因になっていないかチェックしましょう。このような食品を避けることが有効です。

コリッキーな赤ちゃんの世話は難しく、イライラすることもあります。ですから、助けが必要なときは、ためらわずに家族や友だちに声をかけてください。もし、圧倒されてしまい、すぐに助けが得られない場合は、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせて、一旦気持ちを落ち着けてから、再び赤ちゃんをあやすようにしてください。