健康

赤ちゃんの湿疹を治療するための自然療法

赤ちゃんが肌のかゆみでイライラしていると、どうしようもない気持ちになりますよね。赤ちゃんの湿疹やアトピー性皮膚炎は、生後数カ月で発症することが多いようです。赤ちゃんは体の脂分が少なく、肌のバリア機能が低下しています。そのため、皮膚から水分が蒸発しやすく、細胞が収縮して亀裂が生じます。そして、刺激物やアレルゲンが入り込みやすくなり、炎症が起こります。その結果、皮膚が赤くなり、カサカサになり、かゆみが生じるのです。

湿疹は、ウイルス感染、ダニ、歯が生えるなど、さまざまな要因によって引き起こされます。この症状は、家族にアレルギー体質の人がいる場合、より一般的です。約10%の赤ちゃんは、卵、牛乳、チョコレート、ピーナッツなどの食べ物が引き金になっているようです。

湿疹は慢性的な疾患ですが、中には成長するお子様もいらっしゃいます。湿疹を治す方法はまだありませんが、症状を和らげたり、再発の可能性を減らしたりするための対策はたくさんあります。赤ちゃんの湿疹を緩和するためにできることを見てみましょう。

保湿をする

保湿剤を使用することで、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐことができます。香りのない保湿剤を1日に数回使用しましょう。例えば、おむつ替えや授乳の後に塗るとよいでしょう。保湿剤は、毛穴をふさがないように、毛の生えている方向に向かって塗るのがよいでしょう。また、水性クリームは使わないでください。しみる、かゆい、ひりひりする、赤くなるなどの症状が出る可能性があるという研究結果もあります。

ココナッツオイルを塗る

東南アジアのある地域では、伝統的に赤ちゃんにココナッツオイルでマッサージをする習慣があります。あなたの赤ちゃんが湿疹に悩まされている場合、この習慣を考慮すべき理由がここにあります。ある研究では、両親が1日2回(温浴の直後と夜に)、8週間にわたってバージンココナッツオイルを塗ったところ、湿疹が68%改善されたことがわかりました。この結果は、ミネラルオイルを使用した場合よりも30%優れていました。

また、ココナッツオイルは保湿剤として使用することもでき、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐのに役立ちます。ココナッツオイルをお勧めするもうひとつの理由は?ココナッツオイルでマッサージをすると、未熟児の成長と体重増加が促進されるという研究結果があります。ただし、ココナッツオイルにアレルギーを起こす赤ちゃんもいることを念頭に置いてください。使用前にパッチテストでアレルギーを確認することをおすすめします。

ヒマワリ種子油でマッサージをする

湿疹に効くもう1つの天然オイルは、ヒマワリ油です。研究によると、ヒマワリオイルは皮膚のバリア機能を向上させることが分かっています。湿疹を発症するリスクの高い赤ちゃんを対象としたある研究では、親はヒマワリ種子油を赤ちゃんの全身に少なくとも1日1回塗るようアドバイスされました。この方法は、生後できるだけ早く、最長で3週間以内に行い、赤ちゃんが6ヶ月になるまで続けるというものでした。その結果、ヒマワリ種子油に保護作用があり、この症状の発生を抑えることがわかりました。この研究では、香りのよい石鹸、泡風呂、バスオイルなどの刺激物を使用せず、マイルドで無香料の洗顔料にこだわるよう、親に指示しました。

オーツ麦で肌を落ち着かせる

お風呂にコロイダルオーツ(燕麦)を入れると、お子さんの炎症やかゆみを和らげるのに役立ちます。オーツ麦を水に混ぜると、ネバネバした物質となり、皮膚を覆って水分が失われないようにします。これは、グルテンを含んでいるためです。おまけに、オーツ麦には炎症を抑える抗酸化物質も豊富に含まれています。

米のとぎ汁をお風呂に入れる

米のとぎ汁は、米を煮たときにできるでんぷん質の水分です。肌のバリア機能を高め、水分の損失を防ぎ、さらに傷ついた肌の修復を助けることができます。米のとぎ汁を入れたお風呂に浸かったところ、乾燥や炎症を起こした肌の治癒力が20%向上したという研究結果もあります。赤ちゃんのお風呂にお米のとぎ汁を入れることで、赤ちゃんの肌をいたわることができます。お風呂上りは、普通の水で優しく洗い流してあげてください。

カモミールオイルを試す

カモミールは、炎症を起こしている肌を鎮静化するのに適しています。ある研究では、マンザナカモミールのエキスを配合したクリームは、ヒドロコルチゾンクリームよりも湿疹の治療に優れていることが分かっています。ジャーマンカモミールもまた、肌の炎症を和らげるのに役立ちます。アズレン、ビサボロール、ファルネセンなどのセスキテルペン化合物は、抗炎症作用があり、この植物が有益な特性を持つ理由かもしれません。

赤ちゃんのお風呂に5~10滴のカモミールオイル、またはカモミールのドライフラワーを入れると、かゆみや乾燥から解放されます。ただし、パッチテストを行い、アレルギー反応がないことを確認しましょう。

食物アレルギーに対処するためにプロバイオティクスを与える

先ほど見たように、食物アレルギーは、湿疹を持つ一部の子供にとって引き金となる場合があります。そして、食物アレルギーに対処することは、湿疹の症状を和らげるのに役立ちます。アレルギーを持つ子どもの腸内フローラは、アレルギーを持たない子どもとは異なります。したがって、有益なバクテリアまたはプロバイオティクスによる治療は、食物アレルギーに関連する湿疹に取り組むのに役立ちます。ある研究によると、食物アレルギーを持つ赤ちゃんにプロバイオティクス細菌であるラクトバチルスGGを与えると、皮膚アレルギーの症状が緩和されたとのことです。ヨーグルトなどの発酵食品には当然プロバイオティクスが含まれていますが、ラベルを確認し、有益な菌株が含まれているかどうかを確認してください。また、プロバイオティクスのサプリメントを使用する前に、医師に相談してください。

熱と汗を避ける

暑さや汗は、湿疹を悪化させることがあります。ですから、赤ちゃんの部屋は涼しくして、服を着せすぎないようにしましょう。

傷防止用ミトンを使用する

湿疹は本当にかゆいものです。年長の子どもは、掻くことで皮膚が傷つき、湿疹が悪化することを理解しているかもしれませんが、赤ちゃんにはいくつかの予防措置をとる必要があります。かゆみのある部分を薄手の衣服で覆い、爪を清潔に保ち、短くしておくと、引っ掻いてしまったときのダメージを軽減するのに役立ちます。また、ひっかき傷防止用のミトンを使って、ひっかき傷を予防することもできます。

刺激物との接触を最小限にする

自然療法だけでなく、予防的なケアも湿疹を和らげるのに役立ちます。例えば、一般的に見られる多くの刺激物は、赤ちゃんにとって事態を悪化させる可能性があります。ここでは、そのような刺激物を遠ざけるためのヒントをいくつかご紹介します。

ダニに対するアレルギー反応は、湿疹を悪化させる可能性があります。ダニやその糞は柔らかいおもちゃに付着するため、おもちゃを清潔に保つ必要があります。おもちゃは毎週60℃で洗うか、ビニール袋に入れて冷凍庫に24時間入れておくと、ダニを駆除することができます。ベッドリネンも60℃で洗って、ダニを駆除してください。

繊維の種類によっては、赤ちゃんの肌を刺激することがあります。ナイロンやウールは避け、綿などの通気性のよい肌にやさしい素材を選ぶようにしましょう。ハイハイを始めた赤ちゃんには、カーペットに擦れないように綿のズボンを履かせましょう。

泡風呂や石鹸は、皮膚を刺激し乾燥させるので避けましょう。無香料でマイルドな洗浄剤を選びましょう。

赤ちゃんが困っている他の刺激物を特定し、それらとの接触を制限する。動物のフケ、タバコの煙、化学物質のスプレーなどが一般的な刺激物です。